支援の方法

アスリートと支援者が集い様々な支援プロジェクトを始めるための手順をお教えします。

発起人になる

支援プロジェクトを始めるには誰かが発起人になる必要があります。
発起人は、アスリートでなくても構いません。
発起人になった方は、プロジェクトを立ち上げ支援プロジェクトを沢山の人たちに知ってもらうための告知を行います。
支援プロジェクトで大切なことは、多くの人が共感して賛同してくれる内容・シナリオにしないといけません。
アスリートまたはOBが発起人になる場合は、地元への恩返しや地元貢献で地元の人たちが共感し喜んで賛同してくれる仕組みにしてください。
サポーターや後援会などがアスリートまたはOBのために発起人として立ち上がる場合は、対象となるアスリートまたはOBが共感し協力してくれる仕組みにしないといけません。

支援者になる

発起人が立ち上げた支援プロジェクトに共感し賛同した場合は、是非、支援者になって支援プロジェクトを成功させるために貢献してください。
支援参加する方法は資金提供だけではありません。

【支援の参加方法】
支援プロジェクトの発起人の以下のような様ざまな協力者として参加
以下のような、支援プロジェクト発起人の協力者として参加
1.資金提供または支援商品を購入する
2.支援プロジェクトの活動に協力する(コラボ:協働)
3.支援者への返礼品または支援商品を提供する
4.広報の協力をする
  1)リアルな口コミで情報拡散を行う
  2)SNSに投稿したり、シェアする
  3)リンクバナーを貼る

コラボレーションする

コラボレーション(協働)には、様ざまな方法があります。
支援プロジェクトに賛同した仲間なら出来ることは沢山あります。
地域スポーツ振興、地域活性化などのテーマの場合は、以下の様なコラボが必要です。
1.発起人と仲間で一緒に企画を練り上げます。
2.広報・営業の7つ道具をみんなで用意します。
  1)HP作成、チラシ・ポスターの作成
  2)趣旨説明用のパンフレット、説明書量の作成
3.商店街にポスター貼等の協力要請
4.商工会、青年会議所、同友会など地元の経済団体に協力要請を行う。
5.新聞記者、TVクルー等メディアに情報提供し広報のお願いをする。
6.支援プロジェクトのサイト上に定期的な記事掲載
  1)地元著名人へのインタビュー
  2)発起人、コラボスタッフのインタビュー
  3)地元商店街などの応援メッセージ
7. 同 SNS、動画サイトへの掲載 など
8.その他、地域活性化を目的としたコラボ
  1)地産商品企画のコラボレーション
  2)地域グルメのメニューやレシピ開発コラボレーション

セミナーの活用

支援プロジェクトのセミナーを定期的に実施し、支援プロジェクトの啓蒙活動を継続する。
商工会、青年会議所、同友会などで講演を行い、出来るだけ沢山の地元名士の賛同と協力を取り付ける。
定期開催のセミナーでは、地元貢献の成功者や別プロジェクトの紹介など多角的に賛同者が集うパーティの様なアットホームな演出で、支援プロジェクトと類似関連プロジェクトなどが集う輪の世界を構築する。

 
 
 
 
 
 

PAGE TOP